地球について修練しました。地球の行為は、他の天体の体格の足取りから分かることができます。恒星やお日様の体格の動きには、約毎日を転回とやる太陽周行為と、約1世代を転回とやる世代周行為とがあります。恒星は、23タイミング56食い分04秒の転回で太陽周行為を行う。これは地球の自転によるもので、こういう転回を1恒星太陽といいます。すなわち、1恒星太陽が地球の自転転回だ。恒星は東から西へ回転しています。北半球で記録始めるケース、恒星の転回の大方が天の北極だ。地球の自転をテストチックにシンボルしたのはフランスのフーコーでした。1851世代、フーコーは長さ約67mの針金の先に約28kgのおもりを押し付けた振り子を振らせ、振り子の振動箇所がタイミングとともに目覚まし近辺に回転することを写し出しました。こういう振動箇所の転回は、地球の自転の証拠と考えることができます。このようなことを覚えましたが、知らないこともあったので知れて良かったなと思いましたし、勉強になりました。アリシアクリニック支払い