Month: 1月 2017

地球の作用と自転などについて勉強していた

地球について修練しました。地球の行為は、他の天体の体格の足取りから分かることができます。恒星やお日様の体格の動きには、約毎日を転回とやる太陽周行為と、約1世代を転回とやる世代周行為とがあります。恒星は、23タイミング56食い分04秒の転回で太陽周行為を行う。これは地球の自転によるもので、こういう転回を1恒星太陽といいます。すなわち、1恒星太陽が地球の自転転回だ。恒星は東から西へ回転しています。北半球で記録始めるケース、恒星の転回の大方が天の北極だ。地球の自転をテストチックにシンボルしたのはフランスのフーコーでした。1851世代、フーコーは長さ約67mの針金の先に約28kgのおもりを押し付けた振り子を振らせ、振り子の振動箇所がタイミングとともに目覚まし近辺に回転することを写し出しました。こういう振動箇所の転回は、地球の自転の証拠と考えることができます。このようなことを覚えましたが、知らないこともあったので知れて良かったなと思いましたし、勉強になりました。アリシアクリニック支払い

アイスを食べたり魚を捌いていたチャンネルを見た

棒のアイスクリームを食べました。食べたアイスクリームは、いよいよ食べました。チョコレートクランチに中には、バニラのアイスクリームが入っていました。美味しかっただ。そして、18折くらいからやるバラエティ放送を見ました。今回は遅れて見ました。サウンドで見ました。今回は、包丁の腕試し検定などをやっていました。築地市場でやっていました。マグロと旬の江戸前魚を捌いていました。腕試し検定の第はじめ関門は、旬の江戸前魚スズキをシャンプーにしていました。ほとんど、剥がしというものをやっていました。胴骨を外し易いスズキ独特の捌き輩みたいです。次は、築地で老舗包丁店で各種ことを学んでいました。そして、その包丁でスズキを捌いていました。そして、スズキのシャンプーを食べていました。そして、第二関門は、旬の江戸前アナゴの炙りを作っていました。なので、アナゴを捌いていました。見ていたら苦戦していたので、難しそうでした。見れて良かったです。妊活マカ